片親引き離し症候群とは 〜 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome

main_top_over_navi
main_top

片親引き離し症候群とは

離婚調停で親権を持つことができなかった親は、勝手に子供と会うことができません。




日本の法律では離婚調停で親権を持つことができない親が、子供といつ、どのような形で会えるのか日時や場所までも決めていたのに親権を持つ親が「会わせたくない」といえば拒否することも簡単にできます。



子供がいる夫婦が離婚調停にもつれた場合、ほとんど円満に離婚が解決するとこはありません。



相手に対する怒りやうらみ、不満などは離婚が成立した後もそう簡単には消えるものではなく、仮に母親が親権を持った場合には父親を慕う子供から父親を引き離すべく相手の悪口を吹き込んで引き離そうとします。また子供に父親との面会を自ら拒否させたり、敵対的な行動をとるように洗脳します。



母親が父親を嫌えば嫌うほど、子供も母親に捨てられることをおそれて徐々に母親に同調するようになります。これは片親引き離し症候群と呼ばれています。片親引き離し症候群とはPASとも呼ばれ子供の情緒を不安定にさせ、友人や周囲の人との対人関係がうまく作ることができずに長年に渡って子供の成長の妨げになっています。



離婚が多い欧米では、片親引き離し症候群とは子供へ対する情緒的虐待とも言われています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome All Rights Reserved.

婚活