離婚と引き離しの現状 〜 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome

main_top_over_navi
main_top

離婚と引き離しの現状

日本では単独親権が法律で決められているため、一度離婚すると、他国のように子供と会って楽しく遊ぶと言う事が事実上厳しくなります。

まして現在の日本では【親権は女性側にした方が子供の教育上良い!】という解釈が多く、調停や裁判を起こしても父親に親権が行くケースは稀です。

自分のケースでも弁護士から「子供を引き取れる確立は殆どありません。それでも戦いますか?」と言われました。

母親側に浮気の事実があっても、子供を育てる事には影響が無い為、片親の不貞の事実があっても、親権には関係ありません。

特に乳幼児の場合は顕著であり、母親側に精神疾患が合ったり、育児放棄をしたケースがある場合を除き、父親の親権はほぼ不可能でしょう。

離婚を計画的に行う母親も多く、「気が付いた時には親権が認められない状態」になっているケースがほとんどです。

その後、協議や裁判による離婚になり、子供との面接交渉日が来ても、「子供が風邪気味。」「今日は会いたくないと言っている。」と言えば【子の福祉に反する】との事で会えなくなるケースが多いでしょう。

養育費は無理にでも払わなければいけないのに、子供には会えずじまい・・・そんな片親がたくさんいるのが現状です。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome All Rights Reserved.

婚活