片親引き離し症候群 面会交流 〜 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome

main_top_over_navi
main_top

片親引き離し症候群 面会交流

片親引き離し症候群とは、離婚の際に、一方の片親が子供に対してもう一人の親を意図的に引離そうとすることが原因でみられる症状です。


親の誹謗、中傷などを吹き込まれた子供は、親を憎み、心の接点は何も存在しないかのような言動を行います。離婚で、最も傷つき、被害者となるのは、やはり子供ではないでしょうか。


子供の意見を尊重するという行為は、一見尊く、尊重すべきものと錯覚しがちですが、子供の心は弱く、デリケートです。最近、片親引き離し症候群が注目されており、大人達の都合で、表に決して出すことが出来なくなってしまった子供の心の叫びに気づかなくてはなりません。


離婚は、大きな傷を子供の心に残しており、それが、片親への不信感となってあらわれることも多く、デリケートで複雑な問題といえます。離婚後、面会交流があるかどうかは、個々のケースによりますが、大人の理不尽な理由により、親と面会交流できないということは、子供の成長過程においても大きく影響してくるでしょう。


片親引き離し症候群は、日本の単独親権制度に要因があると考えられており、面会交流の必要性を再認識すると共に、早急な制度の改善も求められている。離婚は、様々な事情でやむ終えないことも多いが、子供にとって何が有益かを考えることが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome All Rights Reserved.

婚活