片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome

main_top_over_navi
main_top

新着コンテンツ

離婚と引き離しの現状

日本では単独親権が法律で決められているため、一度離婚すると、他国のように子供と会って楽しく遊ぶと言う事が事実上厳しくなります。

まして現在の日本では【親権は女性側にした方が子供の教育上良い!】という解釈が多く、調停や裁判を起こしても父親に親権が行くケースは稀です。

自分のケースでも弁護士から「子供を引き取れる確立は殆どありません。それでも戦いますか?」と言われました。

母親側に浮気の事実があっても、子供を育てる事には影響が無い為、片親の不貞の事実があっても、親権には関係ありません。

特に乳幼児の場合は顕著であり、母親側に精神疾患が合ったり、育児放棄をしたケースがある場合を除き、父親の親権はほぼ不可能でしょう。

離婚を計画的に行う母親も多く、「気が付いた時には親権が認められない状態」になっているケースがほとんどです。

その後、協議や裁判による離婚になり、子供との面接交渉日が来ても、「子供が風邪気味。」「今日は会いたくないと言っている。」と言えば【子の福祉に反する】との事で会えなくなるケースが多いでしょう。

養育費は無理にでも払わなければいけないのに、子供には会えずじまい・・・そんな片親がたくさんいるのが現状です。


...

片親引き離し症候群 掲示板

最近は、片親引き離し症候群と呼ばれる離婚に関する親子関係が注目され、
インターネットの掲示板などでも話題になっています。
日本では、片親引き離し症候群に関する認知度はまだまだ低く、
犠牲となっている子供たちへの救済が望まれます。


離婚するという状況の場合、例外を除いてほとんどの親同士が、
お互いにあまりいい感情を抱いていないことは当然でしょう。
そして片親への怒りや憎しみを子供に植え付けていくことにより、
子供は片親への愛情を封印し、屈折した感情の中で不安定な心のまま、
成長していくことになるのです。


これまで、こどもの真実の声として親権問題の参考にされてきた言動が、
実は片親引き離し症候群の症状によるものであったとしたらとても悲しいことです。


掲示板などで多くの情報が取り上げられることによって、
日本でも片親引き離し症候群が広く認知され、
離婚問題で犠牲となっている子供の心が救われることを願ってやみません。


片親引き離し症候群に関する掲示板などでも述べられていますが、
離婚後も子供と面会することは子供の心の成長にとってとても重要であり、
子供の健全な成長を考えた場合、可能な限り実行した方が良いようです。



離婚というと、親権に関する勝ち負けや面接交渉など、
争いごとばかりが嵐のように子供を取り巻き、混乱させるケースが多いのです。

...

片親引き離し症候群 面会交流

片親引き離し症候群とは、離婚の際に、一方の片親が子供に対してもう一人の親を意図的に引離そうとすることが原因でみられる症状です。


親の誹謗、中傷などを吹き込まれた子供は、親を憎み、心の接点は何も存在しないかのような言動を行います。離婚で、最も傷つき、被害者となるのは、やはり子供ではないでしょうか。


子供の意見を尊重するという行為は、一見尊く、尊重すべきものと錯覚しがちですが、子供の心は弱く、デリケートです。最近、片親引き離し症候群が注目されており、大人達の都合で、表に決して出すことが出来なくなってしまった子供の心の叫びに気づかなくてはなりません。


離婚は、大きな傷を子供の心に残しており、それが、片親への不信感となってあらわれることも多く、デリケートで複雑な問題といえます。離婚後、面会交流があるかどうかは、個々のケースによりますが、大人の理不尽な理由により、親と面会交流できないということは、子供の成長過程においても大きく影響してくるでしょう。


片親引き離し症候群は、日本の単独親権制度に要因があると考えられており、面会交流の必要性を再認識すると共に、早急な制度の改善も求められている。離婚は、様々な事情でやむ終えないことも多いが、子供にとって何が有益かを考えることが大切です。

...
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 片親引き離し症候群 Parental Alienation Syndrome All Rights Reserved.

婚活